ざまぁやスカッと系のお話の作り方

つくもり
つくもり

こんにちは、つくもりです

小説ではざまぁ系、動画ではスカッと系が流行していることもあり、今回は実際に私がその系統のお話をどうやって作っているかをご紹介しますね。

大手YouTubeチャンネルで書いたこともあるのでご参考になると思います。

つくもり流スカッと系の作り方
  • 最後にひどいめにあう敵を決める
  • 敵の配役にあったオチを決める(敵とオチの決める順番は逆でも)
  • 冒頭はとにかく敵にヘイトを溜めさせる(読者の)
  • さんざんムカつくシーンを書いたら、主人公が反撃or味方の手助け
  • 相手の悪事が暴かれ、相手はなにもかもをなくす
  • 主人公は幸せをつかんでハッピーエンド

スカッと系やざまぁ小説の骨組みは基本的にすべて同じです。
オチや敵を変えるだけでいくらでも量産ができます。

話の構造としては、1話完結型を永久にループという感じです。

似たようなお話の構造として、こち亀やドラえもん、ワンパンマンなどがあります。
最後にお約束が叶えられて終わる構造なので、読者は安心して読めます。

また、ざまぁ系・スカッと系は手軽に快感を得られるため、1話読み終わっても次が読みたくなります。そのため、にたような話をループできるのがポイントです。

ざまぁ・スカッと系ストーリーのポイント

スカッと系は、とにかく敵にヘイトを溜めることが大切です。

過剰なくらいムカつく奴を演じさせます。
こんな人本当にいるのか?と疑問に思っても、とにかく嫌な奴&狂ってる奴を演出します。

なぜなら、読者はそういう人物が罰せられるのを望んでいるからです。

スカッと系は、正直主人公の性格はどうでもいいことが多いです。
基本的に理不尽な目にあっていれば大丈夫です。

なので、キャラ設定や深掘りが必要ないので、非常に作りやすくもあります。

話の展開方法も決まっているので、初心者でも簡単に作れます。

壮大な物語は必要ない

物語を描きたい方にとっては、非常に残念なお知らせですが、ざまぁ系・スカッと系に壮大なストーリーは必要ありません。

ただ、自分(主人公)をバカにしたりいじめたりする嫌な奴がいて、そいつにやり返す。
これだけです。

なので、内容は基本的に似たり寄ったりになります。

YouTubedでスカッと動画を検索してみればわかると思います。

どれも主人公をいじめるやつが落ちぶれて終わります。
また、どのチャンネルなのか、だれが書いたものかもわからないくらい似ていますが、それはそう書くように指定されているからです。

裏話ですが、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のまとめ系を参考にしていることがほとんどです。

四コマ漫画をイメージすると作りやすい

個人的に作り方のおすすめ方法ですが、四コマ漫画で考えるとわかりやすいですね。

四コマ漫画で考える

1、嫌な奴が嫌なことをしてくる

2、手助けや状況を変えるきっかけ

3、逆転・相手を追い詰める

4、嫌な奴が落ちぶれて自分はハッピーエンド

ざまぁ小説やスカッと動画を見て、ぜひ物語の構造を考えてみてください。

どれも同じ構造であることがわかるはずです。

それがわかったら、ストーリーの型である三幕構成や、起承転結も理解しやすくなると思います。

どうしてざまぁ系・スカッと系が流行っているのか?

やたらとざまぁ系・スカッと系がブームになっていますよね。

つくもり
つくもり

どうしてこんなにブームになっているのでしょうか?

快感を得やすい構造

スカッと系は、不快になったあとにその人物が落ちぶれることが約束されているため、簡単に爽快な気分になります。

また、敵が苦しむところだけ見たいという方がいらっしゃるのも事実です。

これに関しては、ローマのコロッセオなんかと似たようなものなのではないかと考えています。

コロッセオは娯楽目的で建てられた

見出しがすべてなのですが、コロッセオは罪人が苦しむ姿を見て楽しむというなかなかクレイジーな娯楽目的で建てられています。

方法が変わっただけで、現代も悪人が苦しむ姿を見て楽しむという構造はあまり変わっていないのかもしれませんね。

まとめ

ざまぁ・スカッと系は作るのが非常に簡単なのに中毒性があるため、人気が出やすいストーリーではあるでしょう。

興味のある方は一度作ってみてはいかがでしょうか?

つくもり
つくもり

それではまた次回お会いしましょう〜